サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>相続税関連業務>夫婦間で自宅を贈与したときの特例について教えてください。

相続税関連業務

夫婦間で自宅を贈与したときの特例について教えてください。

 

【質問】
夫婦間で自宅を贈与したときに贈与税がかからない特例があると聞いたことあります。この特例について教えてください。
【回答】
婚姻期間が20年以上の夫婦間で、自宅又は自宅を購入するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円の他に最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという贈与税の特例があります。
この特例を受けるには、次の要件を満たす必要があります。
①夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
②配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
③贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであることの要件が満たされていなければなりません。
また、同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。

【質問】
夫婦間で自宅を贈与したときに贈与税がかからない特例があると聞きました。この特例について教えてください。

【回答】
婚姻期間が20年以上の夫婦間で、自宅又は自宅を購入するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円の他に最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという贈与税の特例があります。

この特例を受けるには、次の要件を満たす必要があります。
①夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
②配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
③贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

また、同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。

 

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG