サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>出資金や資本金の払込みはどこにすればいいですか?

新設法人向け業務

出資金や資本金の払込みはどこにすればいいですか?

 

会社設立前の段階では会社の銀行口座はまだありませんので、発起人の銀行口座を使用します。
このとき、資本金払込のために新たに銀行口座を作る必要はなく、発起人が個人で使っている既存の銀行口座でも問題ありません。発起人の銀行口座に払い込まれた資本金は、会社設立後、会社の銀行口座を作ってから移します。
以前は郵便貯金は資本金払込口座として認められていませんでしたが、現在はゆうちょ銀行の郵便貯金も資本金払込口座として使用することができます。またネット専業銀行も使うことができます。
発起人の銀行口座を使う場合、その口座に資本金以上の残高があるというだけでは足りません。
決まれた資本金の金額が実際に資本金に充てる意図を持って払い込まれたことを示す必要がありますので、面倒ですが一旦別口座から振り込みするなどの方法で通帳に金額と払込人が記載されるようにしておかなければなりません。

【質問】会社設立にあたって準備した資本金はどこに払い込めばいいですか?

【回答】発起人の銀行口座を使用します。
会社設立前の段階では会社の銀行口座はまだありませんので、発起人(会社を作る人)の銀行口座を使用します。
このとき、資本金払込のために新たに銀行口座を作る必要はなく、発起人が個人で使っている既存の銀行口座でも問題ありません。

発起人の銀行口座に払い込まれた資本金は、会社設立後に会社の銀行口座を作ってから移します。

以前は郵便貯金は資本金払込口座として認められていませんでしたが、現在はゆうちょ銀行の郵便貯金も資本金払込口座として使用することができます。またネット専業銀行も使うことができます。

発起人の銀行口座を使う場合、その口座に資本金以上の残高があるというだけでは足りません。決まれた資本金の金額が実際に資本金に充てる意図を持って払い込まれたことを示す必要がありますので、面倒ですが一旦別口座から振り込みするなどの方法で通帳に金額と払込人が記載されるようにしておかなければなりません。

手数料ゼロで会社設立|大阪で会社設立するなら「会社設立夢工房」
 

 

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG