サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>共同経営について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

共同経営について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立と外国人との共同経営について

 

外国人とともに会社設立を行い、輸入業を主とした会社を共同経営したいと考えております。ただ、具体的にどのような形態によって共同経営をしたら良いか具体案がないので、何か良いアドバイスが有ればご指導願いたいです。

 

外国人との会社設立においては、信頼関係が第一です。特に海外にいる外国人が輸入の仕事をして日本で会社設立をする場合には、共同経営者となった場合においても日本にいる人物が主な経営主となるケースが圧倒的に多いです。

 

このようなケースにおいて外国人についての縛りはなく、共同経営者と記載を行い、書面での契約の締結を行っておくことによってすぐに共同経営者とすることができるので、手続きはそれほど煩雑ではありません。

 

会社設立に際して共同経営という形はどうか

 

知人同士が寄り集まって会社設立を検討している時によく聞かれるアイデアといえば、「共同経営」というものです。この共同経営という経営スタイルは会社設立にとってどうなのでしょうか?

 

会社設立後のことを考えてみます。会社は事業を営みます。会社設立を考える位ですから、なにか事業に乗り出すにあたっての経営が軌道に乗る算段があるのだとは思います。ですが、いざ経営を始めてみたら、商売として意外と売れなかったり、逆に予想外に売れたという事があるでしょう。

 

その時に必要になるのが「経営判断」です。その事業から撤退するべきか、または拡大するべきか判断が必要になります。共同経営というスタイルは、その時に障害となる可能性があります。

 

経営者の合議制である共同経営は、意見が一致した時にはよいのですが、意見が合わない時には何も手が受けなくなってしまい、事業が硬直化していしまいます。ですが、悪い面ばかりでもなく、相談相手がいるために、冷静な経営判断が行えるという面もあります。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG