サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>個人事業主について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

個人事業主について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にあたって個人事業主となるべきか

 

会社設立を考えており、起業を目指しています。その際に個人事業主となればよいのか、または株式会社を設立すればよいのかについて迷いが生じています。将来的な事業の拡大を見据えてどちらが適しているか回答をおねがいします。

 

将来性を考慮して回答をすると、会社設立においては個人事業主からステップアップをしていくことが好ましいです。まず重視したいのは起業としての信頼です。規模が小さい場合には個人事業主も株式会社もそれほど差異はありません。

 

また、個人事業主の場合には税制面においても安く就くことからも前者からステップアップしていく方法を強く推奨します。会社設立後、取引先との信頼と資金面での規模を確保した上で株式会社としても遅くはありません。

 

会社設立と個人事業主のどちらがいいのか

 

独立をして起業をする際には、会社を立ち上げて経営する会社設立と会社は建てずに自分で好きにやっていく個人事業主の2つの方法があります。実際に独立をするのなら、自分にとってどちらが得かを考えてやらなければいけません。

 

ではそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるか、というと会社設立は法人化することで節税の手段が多くなり、何より会社が建てられるということで信用力もあって、その分資金調達の幅も広くなります。しかしその反面会社設立をするということで、その際にかなりの費用がかかり、経営していく際にもそれと同じくらい費用がかかっていくので、上手く経営しないとかなりの負債を背負うことになります。

 

個人事業主の方は会社設立をしなくてよいので費用というコストがほとんどかからず、利益が少なければ税金も支払わなくて済みます、そして会社設立に比べれば始めるのも辞めるのも容易にすることができます。

 

しかしその分、個人事業主は個人でやっていくのであらゆることを自腹でやらなければいけません。そして信用力の問題として、銀行によっては個人事業主とは取引をしないと決めているところもあるので、そうした制限がかかります。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG