サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>個人事業の違いについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

個人事業の違いについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立と個人事業の違いについて

 

会社設立と個人事業とのそれぞれのメリットを教えてください。一人でずっと同じ仕事をしていく上で、何か違いはあるのでしょうか?周囲の人からは会社設立を薦められます。自分としては個人事業のままでいいような気がします。

 

会社設立は会社設立するのに時間とお金がかかります。資本金は1円でも行えますが、定款を作成したり登記簿謄本を作成し提出して不備があれば再提出になります。手数料もかかります。専門家に依頼すると、もっとお金がかかります。

 

設立してしまえば信用度は会社のほうが高いです。見る目が違います。個人事業は自分だけの問題ですので仕事で必要!と言えば大体経費で処理ができるでしょう。税法上の違いはありますが、1人でしたら個人事業でも問題はないです。

 

起業をするにあたっての個人事業と会社設立の違い

 

 

起業を考える場合、個人事業として始めるか、会社設立による法人として始めるかを選択することになりますが、どちらを選択するかによって大きな違いが発生しますので注意が必要です。
個人事業と会社設立の違いを簡単に説明します。
個人事業の場合のメリットとしては、設立時の登記が不要であることや、簡易的な会計処理が認められていること、交際費の限度額が無いことが挙げられます。一方、個人事業の場合のデメリットとしては信用力が低いために資金調達や従業員確保が難しいこと、経費として換算できる項目が少なく節税効果が低いことなどがあります。
会社設立の場合のメリットとしては個人事業の場合と違い、信用力がありますので銀行などからの資金調達が容易であることや、従業員の募集がしやすい点があります。また、出張の日当を経費として組み入れることができるなど、節税の幅が大きい点もメリットです。逆に、会社設立時のデメリットとしては、複式簿記による会計処理が必要な点や、登記にかかる費用の負担などがあります。
起業の際は、両者の違いを入念に吟味した上で選択してください。

起業を考える場合、個人事業として始めるか、会社設立による法人として始めるかを選択することになりますが、どちらを選択するかによって大きな違いが発生しますので注意が必要です。個人事業と会社設立の違いを簡単に説明します。

 

個人事業の場合のメリットとしては、設立時の登記が不要であることや、簡易的な会計処理が認められていること、交際費の限度額が無いことが挙げられます。一方、個人事業の場合のデメリットとしては信用力が低いために資金調達や従業員確保が難しいこと、経費として換算できる項目が少なく節税効果が低いことなどがあります。

 

会社設立の場合のメリットとしては個人事業の場合と違い、信用力がありますので銀行などからの資金調達が容易であることや、従業員の募集がしやすい点があります。また、出張の日当を経費として組み入れることができるなど、節税の幅が大きい点もメリットです。逆に、会社設立時のデメリットとしては、複式簿記による会計処理が必要な点や、登記にかかる費用の負担などがあります。起業の際は、両者の違いを入念に吟味した上で選択してください。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG