サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>消費税について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

消費税について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立後の消費税の免除について

会社設立後間もない新しい企業については、消費税を第一期、さらには第二期までにおいては免除されるという優遇措置が受けられることを耳にしました。具体的にこの制度について教えて下さい。よろしくお願いします。

 

 

会社設立した場合、社会保険各制度ごとに定める条件に該当した場合は社会保険への加入は法律によって義務づけられています。
労災は、原則として労働者(パートも含む)を1人でも使用している場合は強制加入となります。
雇用保険の場合も、労働者を1人でも使用している場合は強制加入となります。
ただし、雇用保険の場合は週所定労働時間が20時間未満のパートの方は被保険者となりません。
健康保険、厚生年金保険についてはパートの方が常時使用関係にあるかどうかを、労働時間や労働日数あるいは職務内容等で総合的に判断していくこととなります。
いづれにしても、会社設立された場合、少なくとも労災の加入手続きは必須になりますね。

会社設立した場合、社会保険各制度ごとに定める条件に該当した場合は社会保険への加入は法律によって義務づけられています。労災は、原則として労働者(パートも含む)を1人でも使用している場合は強制加入となります。雇用保険の場合も、労働者を1人でも使用している場合は強制加入となります。

 

ただし、雇用保険の場合は週所定労働時間が20時間未満のパートの方は被保険者となりません。健康保険、厚生年金保険についてはパートの方が常時使用関係にあるかどうかを、労働時間や労働日数あるいは職務内容等で総合的に判断していくこととなります。いづれにしても、会社設立された場合、少なくとも労災の加入手続きは必須になりますね。

 

会社設立と社会保険の関係とは?

 

法人格を持つ会社設立を検討する上で、忘れてはならないのが社会保険の存在です。社会保険とは、健康保険、雇用保険、介護保険、厚生年金のことを指します。

 

法人格を持つ会社設立を行う際には、社会保険への加入が義務付けられています。従業員と会社とは、社会保険費用を折半で負担しなければなりません。

 

社会保険と言うと、従業員のみが加入するイメージがあるかと思いますが、社長1名だけの会社設立時にも加入義務が生じます。また、個人事業主や個人事務所は法人ではないので加入義務は無いのですが、設立後の業務拡大などで従業員数が5名を超えると加入義務が生じるので注意が必要です。

 

個人で会社設立などを考えた時、法人格を持つべきか個人事業としてやっていくかの判断もあります。取引先との関係性や受注制などによって法人格とすべきかは、最大限考慮すべきポイントです。それに加えて、社会保険費の件も考慮すべきポイントに入れておく必要があります。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG