サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>創業融資について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

創業融資について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にあたっての創業融資の評価

 

会社設立をするにあたってはできるだけ好条件で融資を受けたいものです。創業融資に際しては、銀行から一年の個人通帳の提出が要請されますが、できるだけ金融機関から高い評価を受けるためのコツをおしえてください。

 

会社設立後、金融機関が事業主に対して個人通帳の提出を求める背景には、返済が滞り無く行えるかどうかの能力をチェックしていると見て間違いはありません。創業融資に際して金融機関から高評価を受けるためのコツとしては、堅実さを証明できるようにすることが鍵となります。

 

金融機関としては創業融資をした事業主から着実に化したお金を回収したいのです。会社設立後は、とにかく返済能力が合って真面目であることをアピールすできればよいのです。

 

会社設立時に活用できる創業融資とは

 

 

会社設立時には売上や利益もなく、企業としての実績がない状態のため、民間の金融機関からの融資を受けることが困難です。そのため、会社設立間もない時期に活用できる創業融資と呼ばれる制度を活用するとよいでしょう。
創業融資は日本政策金融公庫などが行っています。会社設立時に活用することが前提となっている融資のため、無担保無保証かつ連帯保証人無しで融資を受けることが出来ますし、申請から1ヶ月半程度と非常に迅速に手続きが進みます。創業融資のデメリットとして挙げることがあるとすれば、多少金利が高い程度です。
そのため、会社設立時の資金調達や設備増資の際には積極的に創業融資を活用すべきしょう。
ただし、融資を受けるにあたっては当然審査があり、創業計画書の内容や実現性が非常に重要視されています。販売計画や売上などの数値の根拠を入念に検討しておかなければ担当者に良い印象を与えることはできません。また、自己資金をどの程度準備しているかも審査の際の重要なポイントです。

会社設立時には売上や利益もなく、企業としての実績がない状態のため、民間の金融機関からの融資を受けることが困難です。そのため、会社設立間もない時期に活用できる創業融資と呼ばれる制度を活用するとよいでしょう。

 

創業融資は日本政策金融公庫などが行っています。会社設立時に活用することが前提となっている融資のため、無担保無保証かつ連帯保証人無しで融資を受けることが出来ますし、申請から1ヶ月半程度と非常に迅速に手続きが進みます。創業融資のデメリットとして挙げることがあるとすれば、多少金利が高い程度です。

 

そのため、会社設立時の資金調達や設備増資の際には積極的に創業融資を活用すべきしょう。ただし、融資を受けるにあたっては当然審査があり、創業計画書の内容や実現性が非常に重要視されています。販売計画や売上などの数値の根拠を入念に検討しておかなければ担当者に良い印象を与えることはできません。また、自己資金をどの程度準備しているかも審査の際の重要なポイントです。

 

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG