サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>提出書類について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

提出書類について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立時に必要になる提出書類

 

会社設立を考えています。出来る限り自分の力で設立の準備をしようと思っているのですが、登記申請などに必要な書類などの提出書類の準備にはどのようなものが必要になるのでしょうか?また書類の用意する順番はありますか?

 

会社設立の登記申請をする際にはまず、発起人などの実印、会社実印、会社銀行印の用意が必要です。株式会社設立登記申請書をパソコンなどで作成します。定款承認時に必要な提出書類これには発起人の印鑑証明書や収入印紙が必要です。発起人決定書、取締役の就任承諾書これは取締役が1名のときは不要です。

 

出資金の証明書として銀行の残高証明書、設立登記申請書、設立登記登録免許税15万円が必要になります。書類が受理され無事に登記完了した場合会社設立が成立しますので、提出書類の不備などがないように充分配慮してください。

 

会社設立を行う時の提出書類について

 

 

会社設立と言うのは、会社の憲法とも呼ばれる定款を作成し、その定款を公証人役場で認証を得ます。
認証が得られると、資本金を払い込みますが、資本金の払い込みを行った証明書と言うものを用意する必要が有ります。
これは会社設立を行う際に、会社を法務局で登記する事になるのですが、証明書と言う提出書類はこの登記を行う時に必要になるのです。
また、会社設立の流れの中で実印を使う事が有ります。
実印は印鑑証明書を交付して貰い、提出書類として添付する事で実印の効力を得ることが出来ます。
尚、会社設立の中で最も重要とされる提出書類と言うものは、先ほど説明を行った定款と言えます。
また、法務局で会社を登記する時には、登記申請書と呼ばれる書類の必要事項を記載し、それを提出書類とします。
尚、登記する時に必要なものは、この登記申請書、定款の謄本、代表取締役の印鑑証明書、資本金の払込証明書、そして会社の実印の印鑑届け出書などが提出書類となります。

会社設立と言うのは、会社の憲法とも呼ばれる定款を作成し、その定款を公証人役場で認証を得ます。認証が得られると、資本金を払い込みますが、資本金の払い込みを行った証明書と言うものを用意する必要が有ります。これは会社設立を行う際に、会社を法務局で登記する事になるのですが、証明書と言う提出書類はこの登記を行う時に必要になるのです。

 

また、会社設立の流れの中で実印を使う事が有ります。実印は印鑑証明書を交付して貰い、提出書類として添付する事で実印の効力を得ることが出来ます。尚、会社設立の中で最も重要とされる提出書類と言うものは、先ほど説明を行った定款と言えます。また、法務局で会社を登記する時には、登記申請書と呼ばれる書類の必要事項を記載し、それを提出書類とします。

 

尚、登記する時に必要なものは、この登記申請書、定款の謄本、代表取締役の印鑑証明書、資本金の払込証明書、そして会社の実印の印鑑届け出書などが提出書類となります。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG