サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>設立までの流れや期間について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

設立までの流れや期間について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にかかる期間とその流れを教えてください

 

友人と会社設立をしたいと話し合っているのですが、まず手続きにかかる期間と、その流れについておおまかに教えていただきたいです。アドバイスや注意点なども教えてくださると助かります。よろしくお願いいたします。

 

会社設立の簡単な流れとしては、まず設立項目を決めて、印鑑を作成します。そして、定款を作り認証を受けます。次に資本金を払い込み、申請書類を作成します。それから登記をして登記簿謄本を取り、銀行口座を開設したあと、税務署に届け出ます。

 

そして会社運営を始めて助成金の申請などをします。期間としては会社の事業内容等が決まっていれば会社設立の手続き自体はこの流れで、だいたい1ヵ月でできます。友人と共同での設立となると、共通の認識をもって進めなければなりませんから、焦らずに十分な期間と余裕をもって行いましょう。

 

会社設立には流れを把握しつつ期間も守りましょう

 

これから、会社を立ち上げようと準備をしている人達は数多くいらっしゃるでしょう。会社設立には必要な流れとそれに応じた期間があります。

 

まず、流れについては下記の通りです。

 

①会社の概要の決定する②類似商号、事業目的のチェックし決定する③印鑑を発注する④定款(会社の基本的な決め事を記載した書類のこと)の作成する⑤公証役場で定款認証を受ける⑥資本金の払込をする⑦法務局へ登記申請を行う

 

といった手順および流れが会社設立の流れとなります。

 

次に、会社設立の手続きにはどれ位の期間がかかるのでしょうか。会社設立の手続き自体は大体1週間程度で完了するので、それをにらんで余裕を持った期間で準備をする事が重要です。

 

但し、法務局側で審査から登記完了(会社成立書類取得)まで凡そ1~2週間程かかりますのでこの点に注意してください。この登記完了までの期間は法務局によって異なります ので、問い合わせを予めした上で早目に手続きをしましょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG