サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>個人での設立の流れについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

個人での設立の流れについて|会社設立前に知るべきこととは

個人で会社設立する流れについて

 

個人で会社設立をしたいと思っています。株式会社や有限会社等いろいろありますが、それぞれ設立までの流れは違うのでしょうか?できれば株式会社がいいと思っているのですが、やはり株式会社だと流れが複雑で難しいでしょうか?

 

現在の日本の会社法の下では、個人で会社設立をする時でも通常株式会社になります。現状有限会社を名乗っているのは、2006年(平成18年)5月の会社法の施行以前に設立された会社です。では2006年の会社法施行以後では何がどう変わったかということを簡単に流れでご説明いたしましょう。

 

最初に決めるのが屋号、又は商号です。そしてその会社の所在地を決めます。それを発起人である自分個人の指名と住所、そして出資額や事業内容等を記載した定款を作成します。その次の流れとしては、その定款に書かれた住所に登記することで会社設立が完了します。

 

個人で会社設立をする際の流れについて解説します

 

今、さまざまな分野で会社設立を考える方が増えています。個人で会社設立するのはとても難しい事と考えているのではないでしょうか。きちんと流れを掴めば、個人で会社設立する事はそれほどハードルが高い訳ではありません。

 

まずはじめの流れは、自分が起こそうとしている事業が許認可性ではないかと確認する事です。いくら個人で会社設立をしても、許認可がいる業種であれば都道府県の許可がなければ仕事ができないのです。

 

その次の流れは、どのような種類の会社にするかという事です。今現在は、4種類上げられます。株式会社、合同会社、合資会社、合名会社が主なものです。
最もポピュラーなものが、株式会社で会社設立すると言えば、まず株式会社を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

少数ではありますが、株式会社でなければ許認可がおりない会社もあるため確認が必要です。個人で会社設立する事は、決して難しい事ではありません。ポイントと流れをしっかり把握して行うように気をつけましょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG