サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>設立までの日数について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

設立までの日数について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立に要する日数はどのくらい?

 

会社を設立する場合、どのくらいの期間を要するものでしょうか。会社設立と制度融資を受けるための準備を同時進行させたいという意向があります。会社設立にどのくらいの日数が必要になるのかを、予め知っておきたいと考えています。

 

 

会社設立に要する日数は、二週間から三週間、少なくとも一ヶ月以内で設立することが出来ます。まず手続きは、一週間程度で終わらせたという人が多いでしょう。その後、法務局に書類を提出し、審査が行われ、登記が完了して会社成立書類の取得となります。その期間が法務局ごとに若干違いますが、おおよそ一週間から二週間です。
もし会社設立に要する日数をもっと短縮させたいということであれば、手続きにかかる日数を減らすことです。この期間はご自身の準備で短縮することが可能です。もし一日で手続きが出来てしまえば、ほぼ法務局の審査に要する期間だけで会社設立が完了するということになります。

会社設立に要する日数は、二週間から三週間、少なくとも一ヶ月以内で設立することが出来ます。まず手続きは、一週間程度で終わらせたという人が多いでしょう。その後、法務局に書類を提出し、審査が行われ、登記が完了して会社成立書類の取得となります。その期間が法務局ごとに若干違いますが、おおよそ一週間から二週間です。

 

もし会社設立に要する日数をもっと短縮させたいということであれば、手続きにかかる日数を減らすことです。この期間はご自身の準備で短縮することが可能です。もし一日で手続きが出来てしまえば、ほぼ法務局の審査に要する期間だけで会社設立が完了するということになります。

 

会社設立のおおまかな流れと必要な日数

 

会社設立には手間のかかる手続きと、それなりの日数を要します。まずは類似商号の調査を行います。これは、同一住所に同じ商号があっては会社設立ができないというルールがあるからです。法務局にある商号調査簿で確認することができます。次に印鑑の作成を行います。

 

最低限必要になるのは次の3つです。1つ目は社長個人の実印、2つ目は会社実印、3つ目は会社銀行印です。続いては定款の作成です。定款とは会社の目的、株式に関する事項、資本金を払い込む金融機関などを記載するものです。

 

公証人役場に提出し、認証を得たら1部を法務局に提出します。そして出資金を払い込み、銀行で残高証明書を発行してもらいます。それから法務局に設立登記申請書を提出します。このときに窓口にて指定日が伝えられますから、その日に再度、法務局に行きます。これで何も問題が無ければ無事に会社設立が完了します。

 

書類の作成だけでも日数を要しますが、法務局の審査が完了するまでに最低でも1週間かかります。会社設立には日数を多めに見ておくことが必要です。行政書士などに依頼すれば日数が短くなります。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG