サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>はんこについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

はんこについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の際にはどのようなはんこを用意する必要があるのでしょうか

 

今度、友人といっしょに会社設立してネットショップを開業することになったのですが、その設立登記を行うに際しては、やっぱりはんこが必要になるのでしょうか。またその場合には、どのようなはんこが必要になるのでしょうか。

 

会社設立を行う場合には、法務局に設立登記をする必要がありますし、銀行に口座を開く必要もあります。この銀行口座は必ず開設しなければならないというわけではありませんが、銀行に口座を持っていないと取引してくれない企業もあるために、会社設立の際には銀行口座を開設するというのが普通です。

 

法務局に登記をする際には、会社実印となる会社代表者印というはんこが必要となりますが、銀行口座を開く際には、通常の認印であるはんこでいいことになります。

 

会社設立を行う際に必要になるはんこと印鑑証明書について

 

 

会社設立を行う時には、予めはんこと言う物を用意しておくと良いと言えます。
はんこは印鑑の事であり、個人が所有する実印と言うはんこもあれば、会社の社印と言われるはんこもあります。
会社設立に必要なはんこと言うものには、会社の実印、角印、会社の社印でもある代表印などになります。
これらは、会社設立における代表的なものであり、これ以外にも代表者の実印なども必要になるのです。
また、実印と言うものを利用する場合は、印鑑証明書と言うものが必要になります。
印鑑証明書と言うものには、有効期限と言うものが定められていませんが、出来る限り身近な期間の中で取り寄せた証明書を提出する事が必要となります。
また、個人の印鑑証明書も同じですが、会社設立を行うために必要だからと、余計に印鑑証明書を取り寄せておいて、余ったからと言って、保管をしておいても、期間が過ぎてしまう事で利用する事が出来なくなり、無駄になってしまいます。
そのため、会社設立を行う上では、必要枚数だけを取り寄せておくことが大切なのです。

会社設立を行う時には、予めはんこと言う物を用意しておくと良いと言えます。はんこは印鑑の事であり、個人が所有する実印と言うはんこもあれば、会社の社印と言われるはんこもあります。

 

会社設立に必要なはんこと言うものには、会社の実印、角印、会社の社印でもある代表印などになります。これらは、会社設立における代表的なものであり、これ以外にも代表者の実印なども必要になるのです。

 

また、実印と言うものを利用する場合は、印鑑証明書と言うものが必要になります。印鑑証明書と言うものには、有効期限と言うものが定められていませんが、出来る限り身近な期間の中で取り寄せた証明書を提出する事が必要となります。

 

また、個人の印鑑証明書も同じですが、会社設立を行うために必要だからと、余計に印鑑証明書を取り寄せておいて、余ったからと言って、保管をしておいても、期間が過ぎてしまう事で利用する事が出来なくなり、無駄になってしまいます。

 

そのため、会社設立を行う上では、必要枚数だけを取り寄せておくことが大切なのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG