サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>設立までのフローについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

設立までのフローについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立が完了するまでのフローと言うのは?

 

個人事業主の時には認められなかった経費が会社設立する事で認められるようになると言います。また、資本金も1円から可能であると言われており、会社設立がしやすい時代です。設立するフローと言うのはどのような形になるのでしょうか。

 

会社設立は数名で行う場合もあれば、1人で行う場合も有ります。人数によりフローも変わりますが、人数が多い場合の会社設立では定款を作成するにあたり、皆で定款の決め事を話し合い、定めていくことが先決となります。

 

定款を定め、それを公証人役場で認証を得たあと、資本金の払い込みを行います。この時、通帳を記帳して払い込みの証明を行います。そして、法務局で会社登記を行うと言うのが会社設立の大まかなフローになります。

 

会社設立を行う上で重要なフローについて

 

 

会社設立を行うフローについてですが、一番最初に行うべき事と言うのは、会社の憲法とも呼ばれている定款を作成する事です。
しかし、いきなり定款を作成すると言っても、数名で会社設立を行う場合には、会社を作る人が集まり、意見を出し合い、一つ一つを決めていくと言うフローが大切です。
株式会社設立を行う場合の定款と言うものは、会社の商号や事業目的、役員の人数や発起人の氏名、事業年度、本店の住所など様々な決め事を記していくことになります。
そのため、一人が勝手に作成をしても良いと言うものではないのです。
また、一人で会社設立を行う場合のフローと言うものも、会社の事業目的や商号などはそう簡単に変えることが出来る物ではありませんので、きちんと決めていくことが大切なのです。
定款は公証人役場で認証を得ることになります。
認証を得た後は、定款に記載されている資本金を払い込むと言う形になります。
また、定款には代表者の実印が必要になりますので、事前に印鑑証明書などを取り寄せておくことが大切です。それぞれの手順におけるフロー図を作成しておくことで、何が不足しているのかという事が明確になっていくのです。

会社設立を行うフローについてですが、一番最初に行うべき事と言うのは、会社の憲法とも呼ばれている定款を作成する事です。

しかし、いきなり定款を作成すると言っても、数名で会社設立を行う場合には、会社を作る人が集まり、意見を出し合い、一つ一つを決めていくと言うフローが大切です。

 

株式会社設立を行う場合の定款と言うものは、会社の商号や事業目的、役員の人数や発起人の氏名、事業年度、本店の住所など様々な決め事を記していくことになります。そのため、一人が勝手に作成をしても良いと言うものではないのです。

 

また、一人で会社設立を行う場合のフローと言うものも、会社の事業目的や商号などはそう簡単に変えることが出来る物ではありませんので、きちんと決めていくことが大切なのです。

 

定款は公証人役場で認証を得ることになります。認証を得た後は、定款に記載されている資本金を払い込むと言う形になります。

 

また、定款には代表者の実印が必要になりますので、事前に印鑑証明書などを取り寄せておくことが大切です。それぞれの手順におけるフロー図を作成しておくことで、何が不足しているのかという事が明確になっていくのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG