サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>福利厚生について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

福利厚生について|会社設立前に知るべきこととは

福利厚生にはどのような種類があり、会社設立との関係は?

 

会社によっては福利厚生が充実している会社とそうではなない会社があると言います。充実している会社を目指し会社設立を行う事を目的とした場合、会社設立を行うためにはどのようにすれば良いのでしょうか?また、福利厚生にはどのような種類が有るのでしょうか。

 

福利厚生と言うのは、従業員やその家族の福利と言うものを充実させるために、企業側が保険や住宅などに支出する賃金以外の諸手当の事を意味しています。会社によっては社員寮が在ったり、保養所などがある所も有りますが、これらは福利厚生施設と言います。

 

また、社会保険でもある健康保険や厚生年金保険、そして会社設立を行った後に人を雇用した場合に必要とされる雇用保険なども副厚生費用というものになります。何れも会社設立後に関わる事ですので、会社を作ると同時に福利厚生について考えておく必要が有ります。

 

会社設立の際に考えたい福利厚生について

 

会社設立を行う場合では、設立時に必要な手続きの他に、後に雇い入れる従業員についても考えることが必要になります。例えば従業員の福利厚生についてですが、厚生年金や健康保険、雇用保険といった基本的な内容がありますが、加入することについては、一定の規定が設けられているために、ルールに従って加入する必要があります。

 

例えば雇用保険の場合では、会社設立をして従業員を雇う場合では必ず加入することが必要とされていて、重要な福利厚生の一つとされています。その概要としては、雇用期間が限定されていないことや、31日未満での雇い止めの無い場合や、パートなどの立場であっても週に20時間以上の労働が行われているケースでは加入することの対象となります。

 

また、会社設立の規模や持ち合わせている資金によっても異なりますが、福利厚生として成立する事柄の中には例えば住宅に関する内容もあります。社員に対して社宅を用意する場合や、一定額の家賃等の補助を行うことも有効な内容になります。また、会社設立後に福利厚生として、会社独自に社員旅行や各種余暇活動を取り入れることも行われています。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG