サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>発起人について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

発起人について|会社設立前に知るべきこととは

株式会社設立を行う時に必要になる発起人とは?

 

株式会社設立を行う時には発起人が必要になると聞きます。この発起人と言うのはどのような意味や役割を持つ人の事を言うのでしょうか?また、どのような人が専任され、会社設立を可能にすることが出来るのでしょうか。

 

株式会社設立を行う時には、どのような会社にするのかを考え、設立手続きを行う役割の人が必要になります。これが発起人と呼ばれる人になります。発起人は、会社を作る段階から事務的な処理の手続きを担うのが特徴となります。

 

また、発起人は個人でもなれますし、会社単位でもなれると言う特徴が有ります。会社設立を行う際に、別会社に発起人になって貰い、会社を作ることも出来るという事になるのです。尚、主な役割というのは定款の作成、株式の払い込み、株主の募集や株式の割当などになります。

 

会社設立にあたっての発起人とは

 

 

会社設立を行うのであれば、どのような会社にするのかを考えて具体的に設立のための手続きを行う人が必要になります。このように設立にあたっての企画や事務手続きを行う人を発起人と言います。おもには定款の作成や株主の募集、株式の支払いを行います。定款に署名した人が発起人となるのですが、その際は必ず1株以上の株式を引き受けて出資する必要があります。
誰が発起人となるかですが、会社設立に際に関わる人であれば最低1人以上で何人でもなれます。通常、中小の株式会社の場合でしたら社長や会社設立の時の役員が資本金を出資することが多いので、発起人を兼任することもあります。もし会社設立の役員から兼任する人が複数いる場合で、自身が中心となり経営を行いたいという場合でしたら、株式のい半分は自分で引き受ける必要があります。資本金の半数以上を出資するということですが、出来る限りでは資本金の3分の2以上を出資出来る形が望ましいです。

会社設立を行うのであれば、どのような会社にするのかを考えて具体的に設立のための手続きを行う人が必要になります。このように設立にあたっての企画や事務手続きを行う人を発起人と言います。おもには定款の作成や株主の募集、株式の支払いを行います。定款に署名した人が発起人となるのですが、その際は必ず1株以上の株式を引き受けて出資する必要があります。

 

誰が発起人となるかですが、会社設立に際に関わる人であれば最低1人以上で何人でもなれます。通常、中小の株式会社の場合でしたら社長や会社設立の時の役員が資本金を出資することが多いので、発起人を兼任することもあります。

 

もし会社設立の役員から兼任する人が複数いる場合で、自身が中心となり経営を行いたいという場合でしたら、株式のい半分は自分で引き受ける必要があります。資本金の半数以上を出資するということですが、出来る限りでは資本金の3分の2以上を出資出来る形が望ましいです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG