サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>メリットや税金について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

メリットや税金について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立する事による税金面のメリット

 

 

会社設立はせず、副業で細々と行ってきた仕事があります。最近になり軌道に乗り収入も増えてきた為、法人化も考えています。
そこで質問なのですが、会社設立することによって税金面等でメリットがあると聞きましたが、どの様な事がありますか。

会社設立はせず、副業で細々と行ってきた仕事があります。最近になり軌道に乗り収入も増えてきた為、法人化も考えています。

そこで質問なのですが、会社設立することによって税金面等でメリットがあると聞きましたが、どの様な事がありますか。

 

会社設立し法人化した場合の税金面でのメリットの一つとして、経費で法人税を抑えられる事があります。
法人化する事によるメリットは税金面以外にも多々あり、事業主それぞれの理由により法人化しますが、同時に法人税の納税義務が発生しこれは避けられないデメリットとなります。
法人税は利益等を元に算出されますが、経費を計上する事で法人税の課税額を相殺し減らせる場合があります。
仕事上で使う必要不可欠な出費が多い、今後多くなる等の場合は、全体の資金の出入を考えると会社設立した方が良い場合があります。

会社設立による税金面でのメリット

 

会社設立には、税金面でのメリットがあります。

 

会社設立時の資本金によって、税金の優遇措置があります。1000万円未満であれば、2期分の消費税の免税などの優遇措置を全て受けられるメリットがあります。資本金が増えると優遇措置が減るため、税金面だけを考えると1000万円未満が最適です。

 

青色申告をする事で、課税所得金額から控除できる欠損金の繰越期間が最大9年になるメリットがあります。会社設立直後は経費が多くなり、事業も安定していないため赤字になる事が多いので、1期目から適用されるように申請するのが良いです。

 

事業主が給料を受け取る事になるため、給与所得控除分の課税額を節約できます。家族を役員にして報酬を払う事で、このメリットがより大きくなります。

 

個人事業では所得税と住民税の合計で税率は最大55%になりますが、法人ではこれに事業税を加えても最大35%です。

 

個人事業と法人では税金の計算が異なるため、利益が少ない場合は個人事業の方が税金が低い場合もあります。十分な利益を上げているのであれば税金面でのメリットが大きく、会社設立した方が良いです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG