サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>役員報酬について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

役員報酬について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にあたっての役員報酬額の設定

 

会社設立に向けて準備中です。役員報酬の金額設定について質問です。予算計画を立てていますが、確実に利益が得る事ができるかは、実際に事業運営しないと分かりません。毎月の利益によって役員報酬を変更する事はできますか。

 

会社設立の際に悩むのが役員報酬についてです。役員報酬は原則として1年間は固定金額(定期同額給与)でないと経費として認められません。毎月変動し増額した場合や、会社設立後半年ほど経過し利益が出たからといって増額した場合は経費として認められませんので、課税される事になります。
期中での役員報酬額変更は原則として認められませんので、期首に役員報酬を定めておく事が大事です。決算後の期首3ヶ月以内に改定は可能です。

会社設立の際に悩むのが役員報酬についてです。役員報酬は原則として1年間は固定金額(定期同額給与)でないと経費として認められません。毎月変動し増額した場合や、会社設立後半年ほど経過し利益が出たからといって増額した場合は経費として認められませんので、課税される事になります。

 

期中での役員報酬額変更は原則として認められませんので、期首に役員報酬を定めておく事が大事です。決算後の期首3ヶ月以内に改定は可能です。

 

会社設立した場合の役員報酬の決め方は?

 

会社設立する場合、収益がある程度見込まれる場合に会社設立するパターンが多いかと思います。ある程度収益は見込めるけれども実際どうなるかはフタを開けてみないと分からないというのが現状でしょう。しかし、会社の役員報酬の金額は自由に上げたり下げたり出来ません。というのは利益操作にあたり、税金の額が変わってしまうからです。

 

そのため役員報酬は定期同額給与といって期首から3ヶ月以内に決めた金額を維持しなければなりません。会社設立した場合は最初からの金額です。それでは会社設立した場合はどうすればいいのだろうかということになりますが、最初は赤字になってもよいくらい役員報酬の金額にしておくことをおすすめします。

 

法人税の申告では青色申告という制度があります。この制度の承認を受けておくと欠損が9年間繰り越せますので、赤字が出たとしても翌年以降の利益と相殺することが出来て税金を節約できます。

 

支給できそうにない場合は支給したことにして、役員から借り入れる形をとればよいです。最初の役員報酬は本人の生活もありますが、なるべく支給できるような金額で、税金が抑えられるようにすることが必要になります。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG