サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>役員の人数について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

役員の人数について|会社設立前に知るべきこととは

役員の人数は会社設立にどんな意味をもつか

 

会社設立を考えているのですが、そこでよくわからないことがあるので質問します。株式会社を作る際には役員を置かないといけないようですが、その役員の人数によって会社が受ける扱いは変わってくるのでしょうか?教えてください。

 

株式会社設立については、役員の人数によって取締役会を置けるか置けないかということに違いがあります。役員の人数が4人以上ならば会社に取締役会を置くことができます。取締役会があると、対外的に見た際に、組織的な会社であることをアピールすることができます。

 

一方で3か月に1回は取締役会に代表取締役が報告する義務があるなど煩雑な取り組みは増えますが、会社設立の目的が大規模な取引を目指すのであれば、役員を4人以上にするといいでしょう。

 

新会社法が施行されたことで会社設立時の役員の人数は1名からで可能

 

 

会社設立は新会社法が施行されたことで規制緩和が行われ、従来と比べると会社設立がし易くなっています。
現在の新会社法の法律では、会社設立を行う場合、取締役でもある役員の人数と言うのは1名から可能になっています。
ですが、従来の会社法では、役員の人数は3名以上必要であり、監査役を1名専任しなければならなかったのです。
会社設立を行う人にとって、複数の人数で会社を作ろうと考えている場合は、この人数はさほど難しい事ではありませんが、一人立ち上げる場合には、役員や監査役になる人を探して会社を作らなければならなかったのです。
そのため、株式会社ではなく有限会社を立ち上げると言ったケースが多かったと言えます。
また、役員の人数が1名からでも良くなった事で、個人事業を手掛ける人にとって人数の制限が有りませんので、一人でも会社設立が可能になっています。
更に、最低資本金額が1円に引き下げられたこと、類似商号調査の緩和など、会社を作る際の制限が緩和していると言う特徴があるのです。

会社設立は新会社法が施行されたことで規制緩和が行われ、従来と比べると会社設立がし易くなっています。

 

 

現在の新会社法の法律では、会社設立を行う場合、取締役でもある役員の人数と言うのは1名から可能になっています。

ですが、従来の会社法では、役員の人数は3名以上必要であり、監査役を1名専任しなければならなかったのです。

 

会社設立を行う人にとって、複数の人数で会社を作ろうと考えている場合は、この人数はさほど難しい事ではありませんが、一人立ち上げる場合には、役員や監査役になる人を探して会社を作らなければならなかったのです。

 

そのため、株式会社ではなく有限会社を立ち上げると言ったケースが多かったと言えます。

 

また、役員の人数が1名からでも良くなった事で、個人事業を手掛ける人にとって人数の制限が有りませんので、一人でも会社設立が可能になっています。

更に、最低資本金額が1円に引き下げられたこと、類似商号調査の緩和など、会社を作る際の制限が緩和していると言う特徴があるのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG