サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>料金について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

料金について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立にかかる料金等について

 

会社設立について質問です。会社を作るにはいくつか手続きがあるのですが、それを全部こなすのにはどれくらいの料金がかかるものなのでしょうか。自分でやるのと、業者に任せるのとどちらが良いと言えるでしょうか。

 

会社設立をするに当たり、まずはどのような会社を作るかを決めなければなりません。それが株式会社なのか、合同会社なのかで料金は異なってきます。会社設立をしようとする場合に最も安く済ませる選択肢としては合同会社の設立が挙げられます。

 

法的な手続きにどうしてもかかる料金としては10万円前後です。定款を電子データで作成するなど特殊な手順を踏まなければなりませんので自分でやるよりも業者に任せた方が楽であるのは間違いありません。

 

会社設立に必要な各種手続きの料金

 

会社設立というと基本的には株式会社の設立になります。昔は株式会社を設立するのに最低1000万円必要でしたが、現在は1円でも設立することができます。ただし各種手続きなどの料金は発生します。

 

株式会社は有限責任の範囲内で出資された出資者等で構成されています。基本的には資本と経営の分離がなされています。しかし、実際は多くの会社で出資者(資本)と経営者が一致していることが多いです。会社設立のメリットとして考えられるのは、一人会社でも大丈夫な点と出資の範囲内で責任をとればいいという点、一般の人から出資を募ることもできるという点があげられます。

 

その反面、欠点としてあげられるのは、会社設立のための各種料金がかかるという点です。会社設立のための登記の登録免許税が15万円かかります。定款認証費6万円という料金がかかってしまいます。ただし、会社を設立してうまくまわしていこうとするならば、最初からある程度のお金は必要です。また、設立にかかる料金を見越した資本の用意は必要になってきます。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG