サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>会社のロゴについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

会社のロゴについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の際のロゴの権利について

 

会社設立のためのロゴをデザイナーに依頼して作成してもらい、お金を払った場合、同時に移転する権利はありますか?もし他人に使用された場合は、どうなりますか?権利移転の部分が気になりましたので質問させてください。

 

会社設立の際のロゴを作成依頼したときの契約内容にもよりますが、デザインを依頼した会社が持つ権利は使用権のみです。代金を支払い依頼したもので、特別な契約がなければ、著作権はデザイナーが持ちます。商標権はありません。

 

商標権は特許庁に商標を出願し審査にとおり、登録査定を受けなければ得られません。特許権は発明にかかわる権利です。会社設立のロゴとは関係ありません。しかし商標登録がないまま会社で移用していた場合、故意に無断でロゴを使用した場合は、使用の差し止め、損害賠償請求は可能です。

 

会社設立時のロゴデザインについて

 

会社設立にあたってロゴを作成するのは、今後のプロモーション活動をしていくにあたってとても有効な手段と思われます。
わかりやすく会社を象徴するようなデザインでロゴを表示することによって、親しみやすい印象を与えることができますし魅力的なアピールとしても活用できるようになります。
自分でデザインするのも良いのですが、このようなロゴは最初の印象が大切です。
ましてや会社設立に伴って公開されるものとなれば、業務を行っていく上での売り込みにも影響を与えます。
そのため気に入ったデザインを作成することが困難な場合には、印刷業者やデザイナーに依頼することも選択肢の一つとなります。
会社設立から間もない企業は顧客に覚えてもらうことも重要です。
そのためしっかりとしたロゴデザインによって覚えてもらえる機会を増やすことも必要となるのです。
会社設立からスムーズな経営ができるように、このようなロゴでプロモーションをしてみるのも良いと思います。

会社設立にあたってロゴを作成するのは、今後のプロモーション活動をしていくにあたってとても有効な手段と思われます。わかりやすく会社を象徴するようなデザインでロゴを表示することによって、親しみやすい印象を与えることができますし魅力的なアピールとしても活用できるようになります。

 

自分でデザインするのも良いのですが、このようなロゴは最初の印象が大切です。ましてや会社設立に伴って公開されるものとなれば、業務を行っていく上での売り込みにも影響を与えます。

 

そのため気に入ったデザインを作成することが困難な場合には、印刷業者やデザイナーに依頼することも選択肢の一つとなります。会社設立から間もない企業は顧客に覚えてもらうことも重要です。

 

そのためしっかりとしたロゴデザインによって覚えてもらえる機会を増やすことも必要となるのです。会社設立からスムーズな経営ができるように、このようなロゴでプロモーションをしてみるのも良いと思います。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG