サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>外国人の印鑑証明について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

外国人の印鑑証明について|会社設立前に知るべきこととは

外国人が会社設立する際の印鑑証明について

 

外国人でも会社設立をすることが可能なことは知っていますが、その場合印鑑証明はどうなりますか?身近で会社設立をする外国人がいて質問されたのですがわかりませんでした。ご存知の方がいれば教えてもらいたいと思います。

 

外国人でも会社設立は可能です。そして年齢も関係ありません。しかし印鑑証明が必要です。日本人であっても15歳以上からしか印鑑証明は作れません。

 

外国人の場合、外国人登録をし、印鑑登録をすれば日本人と同じですので、15歳以上なら印鑑証明をあげることはできます。住民登録をしている役所で印鑑登録はできます。自分の印鑑を作り、印鑑登録をし、印鑑証明を用意します。これが実印にあたります。証明と実印があれば、会社設立に問題はありません。

 

外国人の会社設立と印鑑証明について

 

会社設立は誰もが可能になると言われていますが、現実のところ、年齢や外国人などの制限と言うことが在るのかどうかです。これは会社設立を行う時には実印となる印鑑が必要になり、実印の証明書でもある印鑑証明が必要になりますので、印鑑証明の交付が可能な人であれば、誰でも会社設立を行う事が出来ると言う事になるのです。

 

日本に滞在している外国人の場合は、実印を制作して、印鑑登録を行っておくことで日本人と同様に印鑑証明書の交付を得られますので、会社設立時に必要になった時に利用できるのです。

 

尚、日本に移住していない外国人の場合は印鑑登録を行う事が出来ませんので、当然印鑑証明の交付も出来ませんが、大使館の証明する印鑑やサインが在れば可能になります。また、複数の外国人が会社設立を行う場合は、代表取締役のうち1名以上が日本の住所を持っていれば可能になります。

 

因みに、印鑑登録と言うのは15歳以上から可能になると言われていますので、印鑑登録が可能になる年齢が会社設立における最少年齢と言う事にもなるのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG