サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>ご挨拶について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

ご挨拶について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立時の周囲へのご挨拶について

 

このたび会社を設立することになり、質問があります。懇意にしてくださっていてご祝儀をくださる取引先の方や、設立を伝えたいビジネス関係の方がいます。失礼にならないよう、どのように会社設立のご挨拶をしたらいいか教えてください。

 

会社設立おめでとうございます。ご挨拶は、基本的に書状で送ります。ハガキや二つ折りのカード、手紙として設立した旨、会社名・代表者名を記載してビジネス関係の人へお伝えするといいでしょう。ご祝儀を戴いた場合は、アポイントをとり、菓子折りを持って対面でのご挨拶に向かうと失礼になりません。

 

個人でご祝儀を下さる方には、下さった方の好みに沿ったプレゼントをお礼として用意しましょう。どうしても伺えない場合にはまず電話でお礼をして、後日お礼に伺うと良いでしょう。会社設立のご挨拶はこれからの企業運営をスムーズにすすめる第一歩です。

 

失礼のない様に、関係各所への連絡とご挨拶をしておきましょう。

 

会社設立をして、財務諸表を用意する

 

会社設立を行って、経営者として事業を営もうとすることがあります。一般的には、どこかの企業に就職するものですが、自分の力で道を切り開こうとする人も珍しくありません。現代では、会社設立のために必要な条件が緩和されているため、取り組みやすくなっているのです。

 

会社では、財務諸表を用意することは必要になります。財務諸表にはさまざまな種類のものがあるので、会社設立を行う人は、きちんと理解しておかなければなりません。会社で行う事業は、全て経理上の処理を行って、会計期末に財務諸表を作成することになるのです。

 

安定した事業を行っていくためには、経営方針を明確に定めておくことが大切です。具体的なスケジュールを組んで、どのように収益を上げていくかを考えるのです。会社設立をすること自体は非常に容易になっていますが、財務諸表を用意したり、日々の経営を進めていったりすることは、簡単ではありません。真剣に取り組むことが大切です。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG