サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>残高証明書について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

残高証明書について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の残高証明書について教えてください

 

会社設立の際に、登記の書類を用意するのに残高証明が必要とありますが、どのような手続きを取ればいいのか質問します。銀行に残高証明書を発行しもらう必要がありますか?それとも残高証明書として通帳のコピーを添付してもいいのでしょうか?

 

これまでの会社設立で資本金振込みをした場合、銀行からの残高証明が、登記をする際必要でした。しかし新会社法が施行された後は残高証明書を発行せずに通帳を記帳し、その写しを登記書類に添付すれば残高証明書として利用可能です。

 

資本金の払い込みは、認証が終了した後、登記を実施するまでに行います。この間に資本金を払い込み、通帳を記帳し、写しを用意します。会社設立で資本金の払い込みは、発起人の個人口座に出資者が資本金を振り込むことで資本金の払い込みが完了します。

 

会社設立後の融資を受けやすい事業計画書の作成は税理士へ

 

個人事業主から会社設立したときは、十分な事業資金を得る事が大切です。そんな時には事業計画書を作成することが必要になります。

 

会社設立後は融資が受けられやすいとは言え、十分な融資を引き出すためには、作成する事業計画書に様々な工夫を行わないとなりません。融資を受けやすい事業計画書の作成は十分な知識が無いと難しいものですが、会社設立から税理士にお任せされると簡単です。

 

税理士事務所では会社設立代行を行っており、融資を受けやすい事業計画書の作成もお手伝いしてくれます。会社設立した後は顧問税理士として税務に関することもお任せできますし、節税対策も行ってくれたり、経営相談にも乗ってくれるので会社の成長に役立ってくれます。

 

税理士と言っても様々ですので、会社の大事な部分をお任せするのですから、きちんと選ばないとなりません。知り合いから税理士紹介を受けるのが一番手っ取り早いですが、相性が合わない時に断りにくくなります。インターネットで探すと断りにくい事はありません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG