サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>開始残高について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

開始残高について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立をする際の開始残高について

 

会社設立を行って、さまざまな準備を進めているところです。会計ソフトを利用していますが、設定方法について質問があります。会社設立時の開始残高の設定方法が分かりづらいのです。どのように設定すればよいのでしょうか。

 

会社設立を行った場合には、開始残高について考えておかなければなりません。どのように設定しても良いというものではないため、正確な知識を身につける必要があります。

 

会社設立の手続きがスムーズに進められたのであれば、会計ソフトの使用方法をマスターすることが次に必要となることです。開始残高の設定方法は、会計ソフトによって異なるものなので、取扱説明書を参照して、間違いの無いように設定していくことが求められます。

 

税務署に届出も行う税理士事務所の会社設立サポート

 

株式会社設立すると信用がつく、年間利益が一定以上になったら節税効果が期待できる、自由に決算月を設定できる、株式の増資による資金調達ができる、有限責任になるので出資の範囲までと責任が限られるなどの利点があります。

 

会社設立されると税務に関して税務署に届出をすることが必要です。税務署に届出する書類は法人設立届出書、青色申告の承認申請書、給与支払事務所等の開設届出書など様々ですが、法人設立届出書の場合は会社設立から2ヶ月以内に提出しないといけません。

 

本業で忙しい経営者様はなかなか時間が無いので大変です。しかも提出するまで期限があるのでなおさらです。そんな時は税理士事務所で会社設立をサポートしてもらうと良いです。面倒な税務署への届出は税理士が代わりに行ってくれます。わざわざ税務署まで足を運ぶ手間が掛かりませんし、税務署まで行く交通費も節約することができます。

 

会社設立したいけど顧問税理士がまだ決まっていない時は税理士事務所で一度相談してみてください。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG