サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>財務諸表について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

財務諸表について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立と財務諸表の読み方について

 

会社設立をしたら、財務諸表に書かれている内容を理解しなければならないということを耳にしました。質問したいのは本当にそうなのかということと、もし本当ならどのようなことを勉強すれば理解できるようになるかということです。

 

会社設立をしたら、会社経営をしなければなりません。売り上げや利益はもちろんのこと、資金繰りなどのこともあり、財務諸表の内容を理解していなければなりません。会社設立をしたら、税務申告や納税も必要であり、これらのためにも財務諸表の理解は必要となります。

 

簿記の勉強をすれば理解できるようになるので、それほど心配する必要はありません。真剣に勉強すれば1ヶ月程度でも何とか理解できるようになることでしょう。その後も勉強を続けていけば1年でも十分に使えるレベルになります。

 

会社設立は税務届出も行ってくれる税理士へ

 

個人事業主から会社設立して取引先や顧客からの信用を上げたい方が増えています。これから独立起業する方もスタート時点で会社設立されたほうが後から法人化する手間がかかりません。

 

しかし経営者ご本人で会社設立するには知識を持っていないことが多く難しいです。何かと面倒な手続きを行うには本業で忙しくて出来ないことも多いです。

 

そんなときは税理士事務所で会社設立代行を提供しています。顧問税理士との契約をセットにすることで格安費用でご依頼いただけます。節税対策も積極的に行ってくれるので税理士に費用をお支払してもその分相殺されます。電子定款に対応している税理士事務所なら収入印紙代40,000円を節約することが可能です。

 

会社設立した後には税務届出が必要です。税理士による会社設立代行サービスでは、税務届出も行っているので手間が省けます。税務届出を行わないとペナルティーを課せられてしまうことがありますが、税理士にお任せしておけば確実に税務届出を行ってくれるので安心です。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG