サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>事業計画書について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

事業計画書について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立に必要な事業計画書について

 

会社設立に関する質問です。事業計画書を作成して融資を受けようと思っているのですが、どのくらい詳しい書類を用意すべきでしょうか。また融資を受ける際の、金融機関の種類や注意事項などがあれば教えてください。

 

会社設立に伴う事業計画書の作成は融資を受けるにあたって重要なものとなります。事業内容を詳しく記載するだけでなく、融資を受けた際の返済計画についても月単位年単位で説明を付け加えておくことによってわかりやすい計画書となります。

 

銀行や公庫で相談することとなりますが、事前に会社設立に必要な書類を準備しておくと話を進めやすくなります。それに準ずる事業計画書をしっかりとした説明を持って提出することが望ましくなります。

 

業種に強い税理士に会社設立をお任せ

 

いろいろな業種の方で税金でお困りの経営者様が多いです。そんなときは税金のスペシャリストである税理士と顧問契約を結んでおくと様々な面からお手伝いしてくれます。個人事業主から会社設立されると税務が大変になりますが、経営者ご本人で行っていると時間が掛かりすぎて本業がおろそかになってしまいかねません。

 

しかし顧問税理士が身近にいればお任せして本業で利益を上げることに集中できます。税理士事務所では会社設立からお手伝いしており、会社のスタートからお付き合いができます。

 

会社設立後には税務署や都道府県、市区町村などに届出を提出することが必要ですが、税理士事務所で代行してくれます。手間も時間も掛けずに会社設立することができます。税理士も様々で得意な分野、不得意な分野があります。

 

経営者様の業種に強い顧問税理士を選んでおかないと業種に合ったアドバイスが受けられないことがあります。同業種の知り合いの方がいらっしゃれば、良い税理士がいないか聞いてみると良いです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG