サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>資本金500万時の株式について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

資本金500万時の株式について|会社設立前に知るべきこととは

500万で会社設立する場合の株式の額面は?

 

質問です。当方、来年に資本金500万円で会社設立を行う事となりました。そこで、その際に発行する株式の額面はいくらがいいのでしょうか?1株10万円?もしくは1万円が望ましいのでしょうか?よろしくお願いします。

 

基本的には、資本金がいくらで会社設立しようが株式の額面単位はいくらに設定しても自由となっています。法理上の制限が無いので、いくらでも可能なのです。500万円くらいの資本金での会社設立でしたら、端株の出ないように注意すべきかもしれません。ですから、丁度良い額面に設定して、うまく共同して出資した人に配分できるようにした方が良いかもしれません。

 

基本的にはあなたのおっしゃる通り1株10万だとか1万だとか区切りの良い金額で500万円分の株式を配分するのが良いかと思います。

 

夢の独立!会社設立費用は500万!

 

最低資本金制度廃止により、有限会社と株式会社が一本化し、500万円以下でも会社設立ができるようになりました。極端な話、1円からでも独立が実現可能なのです。

 

会社設立にあたって資本金を500万円にすると、いくつかのメリットがあります。まず資本金500万円以下ならば、税理士の証明は必要なく、定款にそのまま書き込めば良いだけなので手間がかかりません。そして会社設立後、許認可を取得する時には、資本金500万円で条件をクリアできる事例が多いのです。

 

会社を繁栄させるためには融資も念頭におく必要もありますが、500万円程の資金が登記されていると、取引も円滑になります。さらに、会社設立後2年間は消費税が免除されるため、経営を軌道に乗せるまでの経費が大幅に削減されるのも確実です。

 

利益が出るまでの賃料、人件費、光熱費などもこの資本金から出すことがでできるため、会社設立の際は500万円の軍資金があれば順調に進むでしょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG