サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>税金について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

税金について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立して会社法人となれば税金のあり方も個人事業者とは違ってくる

 

質問なのですが、会社設立する場合には、税金についてはどう考えればいいのでしょうか。今までは個人事業でやっていたので、青色申告をして所得税を納めていたわけなのですが、会社設立して法人となれば違ってくるはずですので。

 

会社設立して法人となれば、個人事業者とは違って所得税ではなく、法人税として税金を納めることになります。従って、会社設立後は、法人として税務申告をして税金を納めることになるわけです。

 

また、会社法人となれば個人事業者の場合とは違って、商業帳簿の記載が義務付けられますし、損益計算書や貸借対照表という決算書の作成にも厳密さが求められることになり、そうした財務経理処理にもとづいて、法人税の課税と納税が行われることになるのです。

 

この法人税にはいろいろいと優遇措置が設けられているために、これを上手く活用することで、有効に節税を行うようにしてゆく必要があるのです。

 

会社設立のために必要な準備をする

 

以前と比べて、会社設立をすることが容易になってきました。資本金などの条件が緩和されたことで、資金に余裕のない人でも会社設立を行うことができるのです。しかし、むやみに設立しても、経営を安定させることはできません。しっかりと準備を整える必要があります。

 

資本金以外にも、さまざまな費用がかかるため、ある程度の資金を準備することが大切です。

 

手続きの途中で資金不足に陥らないようにしなければなりません。事前の準備が足りていなかったために、会社設立の手続きが頓挫してしまうというのは、非常にもったないことです。

 

必要なものは、お金だけではありません。会社では、各種書類を作成していくことになるので、関連する知識を身につけておくことが大切です。会社設立を行って、事業を開始してから知識を増やしていくというのは、非常に困難です。法律的な知識、会計上の知識は、事前に身につけておいて、事業に向けての準備をすることが大切です。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG