サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>税務調査について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

税務調査について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立した場合の税務調査について

 

会社設立した場合には税務調査が必ず来るものなのでしょうか。また、どのような質問をされるのでしょうか。最低限の経理や税務の知識があれば、問題なく対応できるものでしょうか。上手な対応方法などのアドバイスもあれば教えて下さい。

 

会社設立したら、税務調査が来ると考えておいた方が良いでしょう。ただし、必ずしも来るということではありません。それなりに業績が良く、利益が上がっていなければ、会社設立しても数年間以上、税務調査が来ない場合もあります。

 

脱税を疑われるようなことをしていなければ、最低限の税務や経理の知識があれば対応できます。書類などをきちんと整理し、明確かつ簡潔な基準で処理していれば、普通に対応していれば問題になることはありません。

 

お得に会社設立ができる時期を考える

 

経済状況が上向いてきて明るいニュースが増えてきたとはいえ、まだまだ会社員にとっては懐が厳しい状態が続くようです。なかなか給与が上がらない状態を打破するためチャレンジと週末起業を考えている人は多いようです。

 

形態は色々ありますが、会社設立を考える人もいるようです。会社設立となると法人登記など個人事業主にはない面倒な手続きが必要になります。会社設立で起業すると、創立、開業、営業をして決算という流れになります。

 

日本における多くの企業が3月末に決算を迎えるため、会計年度を4月から翌年3月に設定をすると、ありとあらゆる手続きが他の企業の決算期となってしまい、何かと忙しなく書類を受け付ける役所でもミスが多くなりがちです。

 

また税理士さんなどにこの時期に会社設立を業務を依頼すると忙しさで断られるかもしれません。では会社設立の時期のベストタイミングは1年のうち何時ぐらいでしょうか。株式会社設立の時期となると3月の決算を避けるのはもちろんのこと、株主総会が集中する6月末なども避けるべきでしょう。

 

多くの企業が夏休みとなる8月などはかなりお得な時期と言えるでしょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG