サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>税務届出について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

税務届出について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立したあとの税務届出について

 

会社設立したんですが税務届出について質問があります。税務届出を出さなければならないと聞いたのですが、調べてみてもよくわからないのが現状です。どこにどういうものをどこに提出しなければならないのか教えて下さい。

 

会社設立した場合の税務届出でまず出さなければならないのが税務署と県、市町村への開業届です。添付書類は謄本と定款の写しです。それから給料を支払うでしょうから税務署に給与支払事務所の開設届が必要です。

 

そしてこれが一番重要な税務届出かもしれませんが、青色申告の承認申請書を会社設立してから2ヶ月以内に提出しなければなりません。

 

青色申告は色々な特典が受けられるもので、初年度は赤字になる可能性が大きので、この届出をだしておくと赤字が翌年以降に繰り越せて黒字と相殺できます。青色申告の承認申請は必ず提出するように心がけましょう。

 

税理士事務所の会社設立代行サービス

 

個人事業主のままでは取引しないと言われる事が多いです。個人事業主は信用力に欠けることがあり法人化されたほうが信用力がアップします。そこで会社設立をしたいという方に、税理士事務所では代行サービスを提供しています。

 

経営者様ご自身で会社設立をしようとすると、確かに税理士への報酬は節約できますが、本業に集中できなくなりその分利益が減ってしまう可能性があります。税理士に会社設立をお任せすれば本業で利益を上げることに集中できるうえに、節税対策も行っているので報酬をお支払しても回収できるかそれ以上が期待できます。

 

個人事業主から会社設立後の顧問税理士がまだ決まっていないという経営者様に最適です。定款電子認証ができる税理士事務所にご依頼すれば、通常必要な定款添付印紙代4万円が不要です。

 

顧問税理士を依頼することで、経理、税務、経営、資金繰などいろいろな面で経営者様をサポートしてくれるので頼りになるパートナーが一人増えます。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG