サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>代行の費用について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

代行の費用について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立代行の費用を抑えるには

 

信用力を上げたいので個人事業主から会社設立したいのですがそこで質問があります。十分な知識が無いので士業の代行サービスの利用を検討していますが、司法書士、税理士、行政書士どの士業が費用が一番安いでしょうか。

 

結論から申しますと会社設立代行サービスを提供している士業で一番費用が安いのが行政書士です。行政書士では定款という書類作成をお手伝いしています。

 

税理士と違って税務の届出はご自身で行わなければならない、司法書士と違って法務局への書類提出もご自身で行わなければなりませんが、その分だけ会社設立代行費用が抑えられます。

 

行政書士事務所の中には司法書士や税理士と提携しているところもあり、費用が多くなっても良いので手間を掛けたくない場合はそういった事務所にご依頼すると良いでしょう。

 

費用を抑えて会社設立するには代行サービスを

 

個人事業主から法人化したい方は資本金1円からでも会社設立ができます。しかし資本金が1円でも登録免許税15万円、定款認証費用5万2千円、定款添付印紙代4万円など様々な実費費用が掛かります。

 

さらに本業の時間を削って会社設立するための知識の習得と手続きが必要です。本業に集中できなくなるのでご自身で会社設立されるより代行サービスをご利用したほうが良いです。会社設立代行サービスは税理士事務所にご依頼されると、その後の税務までお任せできるので長いお付き合いができます。

 

資金繰りの相談や節税対策の相談にも乗ってくれるので頼りになります。会社設立代行サービスと顧問税理士と一緒にご依頼することで設立費用がかなり安くなるのも魅力です。

 

電子定款に対応している税理士に代行を依頼すると、定款添付印紙代4万円の費用が0円になります。会社設立後は税務署に税務の届出を行う必要がありますが、それも代行してくれるので手間がかかりません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG