サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>海外での設立について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

海外での設立について|会社設立前に知るべきこととは

海外で会社設立をする場合の注意点

 

会社設立の手続きを進めていこうと考えているのですが、日本国内で設立するのではなく、海外で設立しようとしています。海外で生活していた期間が長かったのです。この場合、日本国内で会社設立をするのと異なる点はあるのでしょうか。

 

会社設立というのは、日本国内でしか行うことができないものではありません。会社設立の手続きを行おうとしている国の法律などを理解することは必要になりますが、海外での手続きも可能なのです。

 

海外で会社設立をするためには、日本国内の場合よりも入念な準備が必要になります。当該国の法律に詳しい専門家に相談することが大切です。弁護士事務所などで手続きを進めてもらうようにすると、手軽に会社設立をすることができます。

 

現地に会社設立して海外進出するなら専門家のサポートがあるとスムーズ

 

企業が海外進出をするために、現地で会社設立を行うこともあります。現地の法律などにのっとり手続きを進めていくわけですが、これが簡単ではありません。自社内ですべての手続きを完了しようとしても、スムーズに行かないでしょう。

 

海外進出で会社設立をするなら、専門家にサポートをしてもらうのが一番です。現地の状況に詳しい専門家のサポートがあれば、スムーズに手続きを完了できます。設立したい国について詳しい専門家を見つけて、海外進出をサポートしてもらいましょう。会社設立をサポートする専門家は、国内にはいくつかあります。

 

最近注目されているベトナムやミャンマーといった、東南アジアの国々の事情に詳しい専門家も増えています。専門家のサポートによって東南アジアの国に会社設立をして海外進出をすれば、新規ビジネスを開拓することができるでしょう。

 

もちろん東南アジア以外にも、アメリカや中国などに進出するときにも、専門家のサポートは受けられます。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG