サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>資金調達のメリットについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

資金調達のメリットについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立で資金調達はこう変わる

 

個人事業をしていますが、会社設立をすることによって資金調達の方法が多様化するということを聞きました。会社を設立することによって資金調達にどのようなメリットがあるか、個人経営の時との比較で教えてください。

 

個人事業における資金調達は借入金=有利子負債です。会社設立によって、会社は資本による資金調達が可能になります。資本による資金調達とは株式を発行して、会社の出資者になってもらうことですが、原則として負債ではないので利息を支払う必要はありません。一方で、会社の出資者ということは、会社のオーナーの一員として経営に発言の権利を有することになります。

 

会社設立やその後の新株発行にあたって、自らの出資割合を保っておかないと、経営の自由を損なうリスクもあります。借入か資本かの選択肢が持てるようになるのが会社設立のメリットです。

 

会社設立で重要な資金調達について

 

会社設立というのは随分と簡単な手続きになりました。30万円ほどのお金があれば、余裕を持って会社を設立することが可能になったのです。

 

しかしこれは会社を作る最低限の経費であり、その後の運営資金は含まれていません。物を売るサービスを行う会社であれば仕入れのためのお金を準備しておく必要もあるでしょう。会社設立で一番大変なのは資金調達であると言われています。どのような商売を行うに当たっても資金調達は重要な問題です。

 

日本の取引の殆どはサービスの提供を先に行い、後から請求をするスタイルです。そのため会社設立をする場合にはある程度の仕事に必要な経費を肩代わりしておけるだけの余裕が必要になるのです。

 

会社設立後の問題の多くはこの資金調達にあると言っても過言ではありません。事業が拡大する時にはどうしても持ち出しになってしまう資金があります。そのため、この資金調達がスムーズに行えるかどうかが経営者の力の見せ所になってくるのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG