サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>必要なインフラについて|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

必要なインフラについて|会社設立前に知るべきこととは

会社設立時のインフラ整備について

 

会社設立時にどのようなインフラが必要なのでしょうか。出来るだけコストを安くすませたいのですが、いい案があれば教えてほしいです。社員は30名程を予定しています。1人に1台のパソコンと電話を設置したいです。

 

会社設立時に必要なインフラは、事務所や工場、土地、人、机やテーブル、パソコン、コピー機,ファックス機、電話、タイムカード、ソフトウェア、くらいが代表的なものです。パソコンは安くて、ある程度スピードがあり、価格の高い表計算やワープロが入ってないものであれば画面も大きく3万円台で用意できます。表計算やワープロはフリーソフトで十分です。これだけでも100万くらいの差が出ます。会社設立時のインフラとして電話は必ず必要です。人数分の電話に耐えられる主装置と、ビジネスホンが必要で、工事が必要ですので、金額は大きくなります。一応設置しておいて、出来るだけパソコンのソフトで電話すれば安くつきます。

会社設立時に必要なインフラは、事務所や工場、土地、人、机やテーブル、パソコン、コピー機,ファックス機、電話、タイムカード、ソフトウェア、くらいが代表的なものです。パソコンは安くて、ある程度スピードがあり、価格の高い表計算やワープロが入ってないものであれば数万円で用意できます。表計算やワープロソフトはフリーソフトでも十分です。これだけでも100万くらいの差が出ます。

 

会社設立時のインフラとして電話は必ず必要です。人数分の電話に耐えられる主装置と、ビジネスホンが必要で、工事が必要ですので、金額は大きくなります。

会社設立でインフラを整えるなら利便性と信頼性が大事

 

会社設立をするなら、インフラを整えましょう。電話やメールなしでは、ビジネスを行うことはできません。基本となるのは、電話です。以前よりも使われる頻度は減りましたが、それでも欠かすことはできません。会社設立したら、絶対に準備する必要があるインフラなのです。

 

電話は、社員全員に直通電話があると便利でしょう。その分費用が必要になりますが、直通電話だと連絡がスムーズになります。費用を抑えるためには、IP電話を使う方法もあります。

 

メールも、会社設立をしたら重要なインフラです。自社の名前が入ったメールアドレスを持つためには、レンタルサーバーを使いましょう。社員分のメールアドレスを手間なく用意できますし、プランによっては格安です。

 

会社設立をしてインフラを整えるなら、信頼性を重視しなければいけません。仕事でフリーメールを使っていると、それだけで信用をなくします。相手から信頼されるためにも、レンタルサーバーを利用しましょう。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG