サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>法人・個人税務業務>小規模企業共済を利用して節税しよう!

法人・個人税務業務

小規模企業共済を利用して節税しよう!

小規模企業共済制度とは、国の機関でもある中小機構が個人事業をやめたとき、会社の役員を退職したときなどの生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。一定の個人事業者や会社の役員などが入ることができます。

毎月1,000円から70,000円の範囲で掛金を決め、拠出した掛金は全額が「小規模企業共済等掛金控除」として課税対象となる所得から控除されます。つまり、税金を減らすことができます。

拠出した掛金は、廃業時や退職時に、共済金として受けることができます。受け取った共済金は「退職所得」または「公的年金等の雑所得」となり、「退職所得」の場合は退職所得控除もあり、受け取った時の税金も低く抑えることができます。

毎月の掛金の金額は後で変更することもできますし、払い込んだ掛金合計額の範囲内で事業資金などの貸付けを受けることもできますので、いざというときの備えにもなります。

このように小規模企業共済は、節税を図りながら、将来の備えができるもので、広く利用されているものです。個人事業者の方も中小企業の役員の方も、個人の税金の節税を図る場合にまず検討すべきものといえるでしょう。

当事務所にご相談いただければ加入までサポートさせていただきます。

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG