サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>平成28年分の年末調整の注意点

新設法人向け業務

平成28年分の年末調整の注意点

今年も年末調整の時期となりました。

平成28年1月1日以後に支払われるべき通勤手当の非課税限度額が15万円に引き上げられました(改正前:10万円)。
2.国外に住んでいる親族について扶養控除等を適用するとき
平成28年1月1日以後に支払われる給与等の源泉徴収や年末調整にあたって、国外に住んでいる親族(国外居住親族)について扶養控除、配偶者控除、障害者控除、配偶者特別控除の適用を受ける際には、「親族関係書類」と「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出するか提示すことが必要です。
3.一部の年末調整関係書類に係るマイナンバーの記載が不要に
次の年末調整関係書類については、平成28年4月1日以後に提出するものからマイナンバーの記載が不要となりました。
・給与所得者の保険料控除申告書
・給与所得者の配偶者特別控除申告書
・給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

平成28年分の年末調整を行う際には次の点に特に注意する必要があります。

1.通勤手当の非課税限度額の改正

平成28年1月1日以後に支払われるべき通勤手当の非課税限度額が15万円に引き上げられました(改正前:10万円)。


2.国外に住んでいる親族について扶養控除等を適用するとき

平成28年1月1日以後に支払われる給与等の源泉徴収や年末調整にあたって、国外に住んでいる親族(国外居住親族)について扶養控除、配偶者控除、障害者控除、配偶者特別控除の適用を受ける際には、「親族関係書類」と「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出するか提示すことが必要です。


3.一部の年末調整関係書類に係るマイナンバーの記載が不要に

次の年末調整関係書類については、平成28年4月1日以後に提出するものからマイナンバーの記載が不要となりました。

・給与所得者の保険料控除申告書
・給与所得者の配偶者特別控除申告書
・給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

 

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG