サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>会社設立のポイント(定款作成)

新設法人向け業務

会社設立のポイント(定款作成)

定款とは、その会社の組織や運営等に関する基本的なルールを記した書類で、会社設立の際に必ず作成する必要があります。
そして、一度決めた定款を変更するときは、会社法の規定に従って、株主総会での承認手続きが必要となります。
したがって、定款をできるだけ変更しないで済むように、将来を見据えて必要な事項を予め記載しておくことが必要です。

定款作成のポイントは次のとおりです。

●事業目的
最初に行う事業のみではなく、近い将来に考えている事業も含めておきましょう。また、最後に、「前各号に付帯する一切の事業」の一文を入れておくと目的を広く解釈することができます

●商号
会社の正式名称は略字を使用せずに記載します。英語表記も定めておくとよいでしょう。

●本店所在地
定款では最小行政区画(市区町村)までを記載すればよいことになっています。
番地まで定款で定めた場合は、本店を移転する際に、定款変更手続が必要となります。

●発行可能株式総数
会社が発行できる最大の株式数で、この数を超える増資はできません。
将来の増資を見越して、多めに設定しておくとよいでしょう。

●発起人の住所など
住所は印鑑証明書と一字一句同じように記載しなければなりません。
番地を「○○町1-1」というように省略して記載することはできません。

大阪で会社設立の無料相談を行っています!北浜総合会計事務所

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG