サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>会社設立の際、資本金はいつ払込みすればいいですか?

新設法人向け業務

会社設立の際、資本金はいつ払込みすればいいですか?

 

資本金は通常、公証人による定款の認証を受けた後(同日でも可)に発起人の銀行口座に払込みします。
(通常の流れ)
定款作成→定款認証→資本金の払込
ただし、会社法上は、定款の作成(設立時の発行株式の数を定款で定めないときは発起人全員が同意した日)の後であれば定款認証前であっても差し支えないと考えられています。この場合、法務局によっては発起人の同意書などの確認のための追加書類が必要となるケースもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。
いずれにしても定款作成前に資本金の払込みを行ってしまうと、それは資本金に充てるためのものかどうかわかりませんので、一旦、銀行口座から払い出して、再度適切なタイミングで払込みしなければならないこととなります。
なお、合同会社の場合は、公証人による定款認証手続きが必要ないため、定款の作成日以後に出資金の払込みをすることとなります。

【質問】会社設立にあたって資本金を準備しました。この資本金はいつ払込みすればよいのでしょうか?

【回答】株式会社設立の場合、通常は公証人による定款認証を受けた後に資本金を払込みします。


資本金は通常、公証人による定款の認証を受けた後(同日でも可)に発起人の銀行口座に払込みします。

(通常の流れ)
定款作成→定款認証→資本金の払込

ただし、会社法上は、定款の作成(設立時の発行株式の数を定款で定めないときは発起人全員が同意した日)の後であれば定款認証前であっても差し支えないと考えられています。この場合、法務局によっては発起人の同意書などの確認のための追加書類が必要となるケースもありますので、事前に法務局まで確認しておくとよいでしょう。

いずれにしても定款作成前に資本金の払込みを行ってしまうと、それは資本金に充てるためのものかどうかわかりませんので、一旦、銀行口座から払い出して、再度適切なタイミングで払込みしなければならないこととなります。

なお、合同会社の場合は、公証人による定款認証手続きが必要ないため、定款の作成日以後に出資金の払込みをすることとなります。

手数料ゼロで会社設立|大阪で会社設立するなら「会社設立夢工房」
 

 

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG