サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>会社設立後に定款変更するときの手続き

新設法人向け業務

会社設立後に定款変更するときの手続き

【質問】会社設立時の定款は公証人の認証を受ける必要がありますが、会社設立後に定款変更する際も公証人の認証は必要ですか?

【回答】 通常は公証人の認証は必要ありません。


会社設立時に作る定款(原始定款ともいいます)は公証人の認証を受けることが義務づけられています。公証人の認証を受けて初めて定款はその効力を持つこととなります。
会社設立後に定款の内容を変更する際は、株主総会でその内容を決議すればよく、通常は公証人の認証を受ける必要はありません。 

会社設立手数料1.5万円~大阪で会社設立するなら「みんなの会社設立」
 

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG