サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>設立までの期間について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

設立までの期間について|会社設立前に知るべきこととは

株式会社での会社設立の最短期間について

 

株式会社での会社設立を考えています。それに伴い、会社が申請されるまでに、どのくらいの期間が必要となるのでしょうか?また、会社設立までの最短機関というのも教えていただけますでしょうか?よろしくお願いします。

 

株式会社での会社設立ということなのですが、最短といっても書類の手配や、印鑑も必要になってきますので、すでにご準備されているかどうかによっても期間が違ってきます。

 

そのため、最短といってもそれぞれ個人差があるといえます。ただし、平均的な期間として、法務局での審査から登録完了までには1~2週間かかるものと思っておいていいように思います。

 

また、すでにご存知かもしれませんが、会社設立の申請には費用がかかってきます。だいたい10万円程度必要なことも併せて書いておきます。

 

会社設立までの期間を最短で行う

 

会社設立までの期間はインターネットやチラシなど様々なメディアで「最短で1日でできる」と書かれていますが、実際には会社設立までの期間は最短でも10日くらいかかります。

 

最短で設立したい気持ちは分かりますが、会社設立までにはいくつかの工程があるからです。そのため申請から完了日までの期間は早くても10日要します。申請の内容は公証人との定款認証、出資金の払込み、登記申請があります。

 

会社設立を最短の期間でできるには、取締会を置かない会社であり現金のみの出資であることが前提です。会社設立までの流れは、商号や本店所在地、目的など定款を決定し作成します。

 

この際必要なものは、役員に就任する個人の実印と印鑑証明書それぞれ2通ずつが必要です。定款をきめ商号の調査後には法務局へ提出する会社実印を作成する必要があります。会社実印ができたら出資の履行を行います。会社設立時の必要となる書類の押印をします。その後法務局へ登記を行った時はじめて設立日となります。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG