サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>必要な書類について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

必要な書類について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立に必要な書類の種類について知りたい

 

今回初めて会社設立をしようと考えています。そこで、必要な書類について、初めて会社を設立しようとする素人のみで作成は可能なのでしょうか。それともプロの手を借りて書類を用意しなければならないのでしょうか。

 

 

会社設立に必要な書類はプロの手を借りずとも一人で用意する事が可能です。
単純な必要書類の枚数は多く見えますが、それら単体は素人でも用意することが出来ますので安心して下さい。
また、会社設立に関して、どのような形態なのかによって必要枚数等は変わってきますのでよくご確認下さい。
そして用意した書類を持って一度法務局に足を運んで相談するとより確かでしょう。
結論としては、会社設立に関する書類はお金を払ってプロに頼む必要はありません。素人でも用意するが可能です。

会社設立に必要な書類はプロの手を借りずとも一人で用意する事が可能です。単純な必要書類の枚数は多く見えますが、それら単体は素人でも用意することが出来ますので安心して下さい。

 

また、会社設立に関して、どのような形態なのかによって必要枚数等は変わってきますのでよくご確認下さい。そして用意した書類を持って一度法務局に足を運んで相談するとより確かでしょう。結論としては、会社設立に関する書類はお金を払ってプロに頼む必要はありません。素人でも用意するが可能です。

 

会社設立における商号の調査と書類について

 

会社設立を行う時には、まずは会社の事業目的、会社の商号、役員の選任、発起人および資本金の額と言った、会社の基本的な事柄についてまとめておくことが大切です。これは会社設立を行う際に書類として提出する定款を作成するためにも重要な事で、いきなり書類を作成すると言ってもそう簡単な事ではありません。

 

また、会社にはそれぞれ商号と言うものが在ります。従来の会社法の中では、商号と言うものには類似商号の調査が必要でした。これは会社設立を行う際に、法務局に届け出を行うのですが、管轄が同一となる法務局内では同じような事業目的を持つ、同一の商号の会社を登記する事が出来ませんでした。

 

現在では新会社法が施行されたことにより、類似商号の緩和が行われていますが、同じような事業目的で、しかも同じ商号の会社が同一管轄内にあれば、あまり良いものではありません。そのため、会社設立を行う場合には、商号を確認した上で、定款と言う書類を作成するケースが多いと言えるのです。定款は公証人役場で認証を得ることになります。また、法務局で登記を行う際には、印鑑証明の書類を必要とします。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG