サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>定款の必要事項について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

定款の必要事項について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立を行う時に作成する定款の必要事項とは?

 

会社設立を行う時には会社の憲法とも言われている定款を作成することになりますが、定款と言うものは全ての事項を記載する必要があるのでしょうか?また、定款に記載すべき必要事項というのはどの部分になるのでしょうか。

 

定款は会社設立を行う時には重要な決め事になります。定款を作成して公証人役場での認証を得る必要が有りますが、不備があれば定款は無効になり、会社設立が出来なくなります。

 

定款には絶対的記載事項と言う必要事項が有ります。この絶対的記載事項と言うのは、会社の商号、事業目的、本店の住所、設立の際に出資される財産の価額もしくは最低額、発起人の氏名や住所と言った事が必要事項となり、これらを定款に記すことが必要となります。

 

また、定款には相対的記載事項があり、これを記載する事で効力を持たせることが出来る事項、任意的記載事項は任意に記載をすればよいと言う部分になります。

 

会社設立における定款の必要事項について

 

 

会社設立を行う時は、会社の基本的事項を記載する定款を定める必要が有ります。
定款は会社の憲法とも呼ばれるもので、定款を定めた後は、公証人役場での認証を得ることが必要になります。
定款には必要事項を記載して書類を作成して行く形になりますが、この必要事項には絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項の3つの必要事項が有ります。
絶対的記載事項と言うものは、会社設立を行う際には必ず記載をしなければならないもので、これが主なる必要事項と言えましょう。
絶対的記載事項は、記載が行われていない場合など、定款が無効になると言うもので、とても重要な項目になるのです。
また、相対的記載事項や任意的記載事項と言う部分については、会社設立後に記載を行っても良いと言うものす。

会社設立を行う時は、会社の基本的事項を記載する定款を定める必要が有ります。

 

定款は会社の憲法とも呼ばれるもので、定款を定めた後は、公証人役場での認証を得ることが必要になります。定款には必要事項を記載して書類を作成して行く形になりますが、この必要事項には絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項の3つの必要事項が有ります。

 

絶対的記載事項と言うものは、会社設立を行う際には必ず記載をしなければならないもので、これが主なる必要事項と言えましょう。絶対的記載事項は、記載が行われていない場合など、定款が無効になると言うもので、とても重要な項目になるのです。

 

また、相対的記載事項や任意的記載事項と言う部分については、会社設立後に記載を行っても良いと言うものす。

 

相対的記載事項は、定款に定めなくても会社設立を行う事が出来ても、定めていないため効力を持たないと言う意味になります。そのため、記載をしておくことで効力として認められると言う利点があるのです。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG