サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>定款,目的について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

定款,目的について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立のための定款とその目的について

 

会社設立をする際に必要な物には色々なものがありますが、その中に定款という書類が必要であるとありますが、これは一体何の目的で作るものなのでしょうか。また、作らないことで会社経営上不都合があるのでしょうか。

 

定款というのは会社設立をするために必要な書類で、これを作らないことには会社設立そのものができません。この定款という書類は会社を設立する目的などを書き記し、法務局に提出することで会社を登記します。そのた3部を作成して、その内2部を納める必要があります。このように定款作成はそれ自体が会社設立という目的wお達成するために必要な書類ですので、会社設立をしようというときに避けて通ることのできるものではありません。

 

会社設立を行う目的と定款について

 

 

会社設立を行うメリットは税金面の優遇や経費として認められやすくなること、社会的な信用を得られるため、融資を受けやすくなるなどののメリットが有ります。
会社設立を行う目的と言うのは、人それぞれ異なりますが、今挙げたメリットはどのような人でも共通しているものではないでしょうか。
会社設立を行う時には、会社の憲法と言われている定款を定める必要が有ります。
また、定款は会社の基本的なルールが記載されているもので、定款の中には会社の商号や会社の事業目的と言った基本的な事項を記載していく形になります。
従来の会社設立では、同じ管轄になる地域に同じ商号の会社や事業目的が類似している会社が在ってはならないと言う決まりが有り、会社設立を行う前には類似商号調査が必要でした。
しかし、新会社法が施行されたことで、類似商号も緩和されています。
しかしながら、同一管轄の中で同じような事業目的、同じ商号の会社が在ることで、後々のトラブルが起きないとは言い切れません。
そのため、定款を作成する前に商号などを確認しておくことは事前にトラブルを回避出来る手法ともいえるのです。

会社設立を行うメリットは税金面の優遇や経費として認められやすくなること、社会的な信用を得られるため、融資を受けやすくなるなどののメリットが有ります。会社設立を行う目的と言うのは、人それぞれ異なりますが、今挙げたメリットはどのような人でも共通しているものではないでしょうか。

 

会社設立を行う時には、会社の憲法と言われている定款を定める必要が有ります。また、定款は会社の基本的なルールが記載されているもので、定款の中には会社の商号や会社の事業目的と言った基本的な事項を記載していく形になります。従来の会社設立では、同じ管轄になる地域に同じ商号の会社や事業目的が類似している会社が在ってはならないと言う決まりが有り、会社設立を行う前には類似商号調査が必要でした。

 

しかし、新会社法が施行されたことで、類似商号も緩和されています。しかしながら、同一管轄の中で同じような事業目的、同じ商号の会社が在ることで、後々のトラブルが起きないとは言い切れません。そのため、定款を作成する前に商号などを確認しておくことは事前にトラブルを回避出来る手法ともいえるのです。

 

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG