サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>登記について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

登記について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立の登記申請の依頼先について

 

会社設立時には法務局へ設立の登記が必要になりますが、会社設立時には他にやることが多く、自分で登記申請をする時間を作ることが難しいのですが、信頼して業務の依頼をが出来る士業事務所を見つけるにはどうすればよいでしょうか。

 

会社設立時の商業登記については司法書士事務所が業務をを行っています。
司法書士事務所では事務所ごとに得意としている業務に違いがあるので会社設立関係の登記に特化した事務所を見つけて依頼することが必要になります。
信頼することが出来る事務所を見つけるには人から紹介してもらう方法が一番良いですが、そういった司法書士事務所を紹介してくれそうな知り合いがいないという場合にはインターネットを利用して評判のよい司法書士事務所を探すことが出来ます。

会社設立時の商業登記については司法書士事務所が業務をを行っています。司法書士事務所では事務所ごとに得意としている業務に違いがあるので会社設立関係の登記に特化した事務所を見つけて依頼することが必要になります。

 

信頼することが出来る事務所を見つけるには人から紹介してもらう方法が一番良いですが、そういった司法書士事務所を紹介してくれそうな知り合いがいないという場合にはインターネットを利用して評判のよい司法書士事務所を探すことが出来ます。

 

会社設立時に必要な事は登記だけではない

 

会社設立時に行うことの1つに、会社設立登記があります。会社設立登記には、決定しておく必要のある項目がいくつかあります。項目としては、会社の商号、会社の目的、本店となる所在地、資本金、取締役の氏名が必要です。以上の項目を決定した上で、法務局に登記書類を提出する必要があります。現在の会社法では、既存の会社と商号が同じでも、住所さえ違っていれば、登記が行えるようになりました。

 

会社設立に際して、他にも必要な事がいくつかあります。会社設立時には資本金を銀行口座に入金しておく必要があります。資本金が1円で設立出来、設立後5年以内に最低資本金を入金する必要があります。この1円資本金は時限立法だったのですが、現在では恒久化されています。

 

また、登記には本店となる所在地を1つ定める必要があり、登記を行う前に1箇所定めておく必要があります。オフィスを賃貸する場合には、予め賃貸契約を済ませておく必要があります。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG