サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所

06-6208-6230
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>類似商号について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

類似商号について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立について、類似商号の問題点

 

会社設立を計画しているのですが、それについて質問があります。会社を作るときに類似商号はよくないといわれますが、似た名前をつけた場合にどんな問題があるのでしょうか。また、どうやってトラブルを避けるといいでしょうか?

 

類似商号については、まず会社設立の登記の際に、他人がすでに登記している同一の住所かつ、同一の会社名を用いることは許されていません。こうしたことは特にバーチャルオフィスで起こりえます。
ほかに類似商号でトラブルになりがちなのは、既存の有名な会社名と同じ名前や、不正な目的で他社と混同しやすくする名前にすると、損害賠償の裁判を起こされる恐れがあります。
そのため、会社設立の際に商号を決めたら、民事法務協会に問い合わせて、似た名前がないか確認するとトラブルを避けやすくなります。

類似商号については、まず会社設立の登記の際に、他人がすでに登記している同一の住所かつ、同一の会社名を用いることは許されていません。こうしたことは特にバーチャルオフィスで起こりえます。

 

ほかに類似商号でトラブルになりがちなのは、既存の有名な会社名と同じ名前や、不正な目的で他社と混同しやすくする名前にすると、損害賠償の裁判を起こされる恐れがあります。

 

そのため、会社設立の際に商号を決めたら、民事法務協会に問い合わせて、似た名前がないか確認するとトラブルを避けやすくなります。

 

会社設立に際して類似商号に注意する

 

会社設立時には類似商号の調査をする必要があります。商号とは会社の社名の事で、以前は同一市区町村に同一商号の会社設立を禁止する類似商号規制がありました。

 

現在は手続きを円滑にするため、この規制はなくなっています。しかし、同一の所在地に同一商号の会社設立は禁止されています。

 

この同一所在地について、例えば「A県B市C区D町1-2-3 Eマンション405号」に存在する会社が「A県B市C区D町1-2-3」で既に登記登録を行っている場合、同マンション内の別室であっても同じ商号は使用できません。しかし、「A県B市C区D町1-2-3 Eマンション405号」として登記登録が行われている場合、別室であれば同一所在地にはならないため、同一商号の使用が可能です。

 

ただし、類似商号規制がなくなって同一商号の会社設立ができますが、悪用が許可されているわけではありません。他社である事を誤認させる事が目的と認められれば、差し止め請求や損害賠償請求の対象になります。

 

意図せずにこのような事が起きる可能性は低いと考えられますが、トラブルを避けるため、会社設立時には類似商号の調査をしておくと安全です。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG