サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>外国法人について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

外国法人について|会社設立前に知るべきこととは

日本に於ける外国法人の会社設立について

 

質問です。消費税が平成26年度から8%に増税になりますが、その代わりに景気対策として検討されているのが法人税の減税です。これにより日本の景気対策になるのでしょうか。外国法人が日本で会社設立しやすくなるということですが、外国ではもっと企業は優遇されているのでしょうか。

 

現在の日本に於ける法人税は30%、それに国税と地方税を合わせた法人実効税率は4 0 . 6 9%ですが、これを5%引き下げることになる予定です。これにより外国法人を日本に呼び込むことを目指します。日本の法人税は他の国に比べて比較的高いので、海外法人が日本に日本法人を設立しにくい状況なのです。
外国法人が日本に会社設立をする場合は、株式会社や合同会社を設立するということになりますが、それとは別に、日本の企業と合弁会社を設立するという方法もあります。又、海外で一般的なのが、会社設立ではなく、有限責任事業組合(LLP)にするというやり方で、日本でもこの方法が可能です。

現在の日本に於ける法人税は30%、それに国税と地方税を合わせた法人実効税率は40.69%ですが、これを5%引き下げることになる予定です。これにより外国法人を日本に呼び込むことを目指します。日本の法人税は他の国に比べて比較的高いので、海外法人が日本に日本法人を設立しにくい状況なのです。

 

外国法人が日本に会社設立をする場合は、株式会社や合同会社を設立するということになりますが、それとは別に、日本の企業と合弁会社を設立するという方法もあります。又、海外で一般的なのが、会社設立ではなく、有限責任事業組合(LLP)にするというやり方で、日本でもこの方法が可能です。

 

外国法人が日本で会社設立をする場合の手続について

 

国際化が進んでいる今の時代、外国法人が日本で子会社設立をする事例が多くなってきました。

その場合は、一般的には株式会社となります。

 

手続としては、株主は、会社の株式総数、発行価額、払込資本金額、会社名、本店住所などの基本的事項を決めた定款を作成し、記名押印して、公証役場にて認証を受けます。

 

その際、定款に押印した印鑑の印鑑証明書を添付します。

 

そして、株式申込金の発起人口座への払い込みを完了し、株式引受人による創立総会にて役員を選任し、代表取締役を選びます。

 

会社設立後、15日以内に外国法人による株式取得の報告書を関係各省庁に提出しなければなりません。なお、外国法人が発起人になると、実務上、会社設立手続が煩雑になり、時間も費用も余分に多くかかります。

 

ですから、日本の居住者を唯一の発起人に任命して募集設立による方法を採用するケースが多いです。発起人としての日本の居住者が新会社の1株を引き受け、設立後、その株を親会社の外国法人に譲渡するのです。

 

これで外国法人の日本での子会社設立が完成します。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG