サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

事務所BLOG

HOME>事務所BLOG>新設法人向け業務>会計処理の必要書類について|会社設立前に知るべきこととは

新設法人向け業務

会計処理の必要書類について|会社設立前に知るべきこととは

会社設立をした場合の会計処理について

 

初めての会社設立のため会計処理についてわからないことがありますが、どのような書類を保管して、どのような書類を作成していく必要がありますでしょうか?また、会計の知識のない人間でも作成は可能なのでしょうか?

 

会計処理に必ず必要となってきます領収書はすべて保管しておく必要がございます。その他にも注文書や納品書も保管をしておきましょう。会社設立をした場合の会計処理となりますと必要書類としましては、現金出納帳や総勘定元帳の作成などが必要になりますのと、決算の時には必ず決算書となります損益計算書や貸借対照表の作成も必要となってきます。

 

最近では、経理の知識のない方が会社設立をすることも多くございますし、会計ソフトを利用すれば会計の知識のない方であっても比較的に簡単に決算書作成までの処理も可能です。

 

会社設立時の複雑な会計処理とは

 

会社設立時には、どうしてもやらなければいけない会計処理などがあります。会社決算などの確定申告を行う事で、知識がない方にとってはとても大変な苦労も多いと考えられます。専門知識が求められる事が多いので大変な事です。

 

会社設立を行った場合は、最初の設立年度で会計処理を慎重に行わなければ間違った申告となると後の方まで修正が必要となっていきます。その様にならない為には、しっかりとした知識を持った会計士などの専門家に会社設立時だけ会計処理を手伝ってもらう様にすると良いかも知れません。

 

スタートをしっかりとしていると、後は同じ様な処理の繰り返しになって来るのでずいぶんは悩む事は少なくなっているのでは無いでしょうか。

 

専門知識が必要となる、会社設立時の会計処理では専門知識の豊富なプロにまずは依頼をする事で対応をして後々の会計では自分で前の年度の処理を見ながら決算処理を行っていく事も良い方法となるかも知れません。

 

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG