サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

HOME>事務所REPORT>税金>増税で復興の財源を確保!?

税金

増税で復興の財源を確保!?

復興構想会議で東日本大震災の復興策が議論されていますが、その財源を確保するための増税が検討されています。

(日本経済新聞 2011年5月22日朝刊より)

東日本大震災の復興策を検討する政府の復興構想会議(議長・五百旗頭真防衛大学校長)は21日、第6回会合を開いた。巨額の財政出動が見込まれる復興の財源として「復興費」やその償還のための増税を検討する方針で一致。五百旗頭議長は終了後の記者会見で「いかなる手法も排除しない」と述べ、所得税や消費税、法人税など様々な税での増税を検討する考えを示した。

五百旗頭議長は「それぞれの手法にどんな長所や短所があるかを見極める」と表明。構想会議の下部組織の検討部会(部会長・飯尾潤政策研究大学院大教授)で、増税の選択肢を検討させる考えを示した。そのうえで復興財源の確保には「国際が有力な手段であることは誰もが考えている」と述べ、当面の財源に充てる「復興債」などの発行の必要性では一致しているとの見解を示した。

復興増税をめぐっては所得税や法人税を一時的に上げる案のほか、消費税増税を求める意見もある。21日の会合では宮城県の村井嘉浩知事が消費税増税を財源とするよう求めた。ただ作家の玄侑宗久氏が「消費税という形は取らないでほしい」と語るなど、方向性は定まらなかった。

会合では、地域文化の復興なども新たに検討会議に諮問することでも一致。再生可能エネルギー活用や産業立地のための基金創設なども検討していく方針も確認した。


ちなみに、復興構想会議のメンバーはこちら。経済や税の専門家が少なく、作家や脚本家もいます。ここで税や財源を議論するのは少し無理があるようにも思います!?

大阪の税理士事務所 北浜総合会計事務所

カテゴリ 月刊アーカイブ
「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG