サイトマップ

税理士を大阪でお探しなら みんなの会計事務所【運営:税理士法人AIO】

06-6809-1741
営業時間9:00~18:00/休業日:土・日・祝
無料相談実施中:お問合せはこちらから

HOME>事務所REPORT>税金>震災復興減税の内容が明らかに!

税金

震災復興減税の内容が明らかに!

震災復興減税の全容が明らかになったというニュース

(日本経済新聞 2011年9月26日朝刊より)
『政府が検討を進めている震災復興減税の全容が明らかになった。被災自治体のほぼすべてを対象とする復興特別区域(特区)で、人件費の10%を法人税額から控除できる制度などで雇用創出と設備投資を後押しする。自宅を失った被災者が新居を再建する際も住宅ローン減税を二重に適用することを認める。当面の復旧につなげる4月の減税に続き、産業や生活基盤などの復興を加速させる。

復興増税のポイント
●特区税制
・被災で失業した人を雇用した企業は人件費の10%を税額控除(税額全体の20%が上限)
・設備投資の即時償却(100%)か、投資額の15%の税額控除

●土地再編
・区画整理に伴う土地売却益に特別控除を拡大、軽減税率を適用
・土地売却で代替地を取得した場合は売却時まで課税繰り延べ

●住宅関連
・被災地が住宅を再取得した場合も住宅ローン減税の対象
・事業者が賃貸住宅を建設した場合の割り増し償却

●事業再開支援
・被災した農地、原子力発電所の警戒区域内の建物の代替を取得する際の登録免許税の減免
・不動産譲渡契約にかかる印紙税の免除』

特区税制は「本社所在地にかかわらず特区内に事業所を置くこと」が適用条件となるようです。人件費の10%の税額控除、設備投資の即時償却というのは非常な大きなメリットで、有意義な税制となりそうです。

大阪で税理士をお探しなら北浜総合会計事務所(大阪市中央区)

大阪で会社設立するなら会社設立ラボ

カテゴリ 月刊アーカイブ
「会計」「税務」「経営」

無料相談実施中

漫画資料請求

初めて税理士をお探しの方へ

顧問税理士の変更をお考えの方へ

当事務所が選ばれる理由

歯科戦略MGマネジメントゲーム

業務案内
  • 新設法人向け業務
  • 法人・個人税務業務
  • 医療関連向け業務
  • 相続税関連業務

メディア紹介

REPORT

BLOG